やはりソフトウェアやツールは自社で作れると楽しいし、勉強になる

やはりソフトウェアやツールは自社で作れると楽しいし、勉強になる

勤怠管理や物品管理など、ルーチン作業をソフトウェアなどで自動化(半自動化)できると業務効率が上がり会社的にはメリットがあります。

ITではない業界の会社であれば◯◯管理ソフトウェアを外注しよう、という動きをされると思いますが、もう一つの選択肢として自社で頑張って作ってみるという発想もアリなのでは、と最近思っています。

理由は下記2点でして、

・ソフトウェアは実際作ってみると発注者側にとって「うーん、コレジャナイ」ということがよくあります。ソフトウェアは「こうしたい」という概念を実体化させた結果なので、作って始めて認識のすり合わせがやりやすくなります。

・ソフトウェアは一度作ったら終わりではなく、「想定していないケースで動かなくなってしまったので直して欲しい」「追加の機能が欲しい」という、いわゆるメンテナンスが必要になってきます。そのたびに外注先に相談するのも良いですが、社内で作れば作成者とのコミュニケーションが速くでき、メンテナンスも速くできると思います。

最近プログラミング教育をはじめたからという訳ではありませんが、少し頑張ってソフトウェアを自社制作してみる、というのもいかがでしょうか?きっと得るものはたくさんあると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。